宮古島でシュノーケリングを120%楽しむ!現地スタッフおススメビーチ3選|宮古島でウミガメシュノーケル&体験ダイビング | 初心者、ファミリー歓迎♪マリンサポートタイド・宮古

  • Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean
  • 0980-73-3003
  • RESERVATION

宮古島でシュノーケリングを120%楽しむ!現地スタッフおススメビーチ3選

宮古島の定番アクティビティといえばシュノーケリング!
せっかく宮古島に旅行に訪れたなら、真っ白なパウダースノウな砂浜に透明度バツグンな奇麗な海で思う存分満喫したいですよね?

ここ宮古島は、亜熱帯性気候で冬でも平均気温が18℃くらいなので天候さえよければ1年中シュノーケリングを楽しむことが出来るんです!

今回は「宮古島でシュノーケリングしたいけど…どこにいけば良いの?」と悩んでいる方へ、当店おススメのシュノーケルポイントをご紹介♪ぜひ参考にしていただいて、宮古旅の楽しい思い出作りにご活用ください!!

おすすめスポット1海の守り神ウミガメに逢える!?「博愛わいわいビーチ」

小さいお子様連れの旅行者の方にピッタリ♪
宮古島南部に位置する「うえのドイツ文化村」に近く、博愛漁港のすぐ隣にある家族連れにおすすめの人工ビーチ。
防波堤に囲まれたこじんまりとした人工のビーチのになっているので、砂浜はキレイに整備されていて波は穏やか、子供連れでも安心して気軽にシュノーケリングを楽しめます。
ビーチ以外に公園としての設備も整っていて、遊具や一休みできるあずま屋、緑地広場などもあります。

この博愛わいわいビーチの一番の特徴は、自然のウミガメとの遭遇確率が高いこと!

「こんな小さな砂浜のビーチで、ホントにウミガメがいるの?」と思ってしまうかもしれないですが、人工ビーチ側ではなく隣の防波堤の向こう側にいくと高確率でウミガメに会えちゃいます!
その確率・・・99%!
さすがに言い過ぎかもしれませんが、「ここはウミガメの楽園か!?」というくらいホント高確率で自然のウミガメに遭遇することができます!

そんなウミガメの楽園でもあり、プライベートビーチのような隠れ家的ロケーションで宮古ブルーの海を堪能できるビーチですが、防波堤の外は遊泳ネットも張られていないのでガイドをつけないで泳ぐ際は安全には十分気をつけてくださいね。

おすすめスポット2日本のグレートバリアリーフ「八重干瀬(やびじ)」

八重干瀬を知らずして宮古島は語れないっ!
と言っても過言ではないほどに、一度見ると忘れられない絶景が広がる人気のシュノーケルポイント。
池間島の北側にある八重干瀬は、2013年に国の天然記念物にも指定されている日本最大級のサンゴ礁群が生息していることで有名!シュノーケリングだけでなく、ダイビングやクルージング、釣りのポイントとしても人気なんです!

活き活きとした色んな種類のサンゴとカラフルな熱帯魚たちはもちろんのこと、マンタやウミガメ、ナポレオンフィッシュなど大物の魚たちまで遭遇できる海域!?まさにそこは「海の楽園」!!
海の透明度は沖縄一と言われるほどで、陸地から離れて沖合にありながらもリーフの中の海はとても穏やかで泳ぎやすく、八重干瀬内のポイントによっては干潮時に浅い所で水深1mもない足の着く場所でのツアー開催もあるので、初めてシュノーケリングする方にとっても十分楽しむことが出来るおススメのスポット♬

おすすめスポット3宮古島の定番ビーチ「砂山ビーチ」

砂山ビーチといえば、日本のビーチランキングでトップ10にランクインするほどの人気観光スポットとして有名な絶景ビーチ。
宮古ブルーの透き通る海に加え、その名を冠する特徴的な白砂の山とビーチの象徴、巨大岩の天然アーチはまさに美景の一言。また、夏場限定でアーチ越しに眺める夕陽は絶景で、宮古島の人気撮影スポットになっています。

砂山ビーチでは、海水浴やシュノーケリングを楽しむことが出来ます。2018年からはバナナボートやウェイクボード、ホバーボードといった絶叫系マリンアクティビティを体験することが出来るようになりました!その他にも、絶景ビーチで人魚姫になれるマーメイドフォトや、SUPといったマリンメニューも楽しむことができます!絶景を「見る」だけじゃ物足りないという方は、ぜひ水着と着替えを準備して砂山ビーチへ!!
駐車場、更衣所・シャワー・トイレなどは無料で利用可能ですが、駐車場側にあるためビーチからはやや離れています。

宮古島の美しい海でウミガメとの楽しい思い出をつくるために

いくらシュノーケリングの経験があるといっても、1人で泳ぐことは絶対にしないでください!シュノーケリングがはじめての方は、ガイドさんが付いたツアーに参加するとイイでしょう。
海難事故の中ではシュノーケリング中の事故が毎年のように多発しています。
泳ぎが得意な人でもちょっとした高波でシュノーケルに海水が入ってきてパニックに陥って溺れてしまうなんてこともあります。また、ウミヘビに遭遇してしまった時の対処法やマスクの中に海水が入ってきたときの対処法などもガイドさんからしっかりレクチャーを受けて安全を確保したうえで楽しむことをおすすめします。

宮古島でのシュノーケリングをしたいと計画中のあなたにとって少しでも参考になれば嬉しいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。