はじめての宮古島。ウミガメフォトツアー現地集合場所「わいわいビーチ」への行き方|宮古島でウミガメシュノーケル&体験ダイビング | 初心者、ファミリー歓迎♪マリンサポートタイド・宮古

最新情報一覧

2020/06/30

はじめての宮古島。ウミガメフォトツアー現地集合場所「わいわいビーチ」への行き方

北?南?「わいわいビーチ」はどこへ向かったらいいの?

迷った時のGoogle先生!
検索してみると直ぐ答えを返してくれる便利なツール。
タイド宮古のウミガメフォトツアーの現地集合場所「わいわいビーチ」は、
下の図でみてみると、宮古島の南側に位置しています。

「南側」といわれても、ザックリとしすぎて情報が足りませんよね(汗)
ということで、このページでは「わいわいビーチ集合場所」の詳しい場所を解説していきたいと思います。

宮古島 地図

「わいわいビーチ」の周辺で一番近いホテルのホテルブリーズベイマリーナからは、車で2分の所に位置しています。
徒歩でも約10分ほどの距離なので、散策しながら集合場所へ向かうことも可能です。
宮古島 わいわいビーチ 地図

宮古島 わいわいビーチ 看板
白地の看板に青文字で「わいわいビーチ」と書かれた看板が目印☆
うえのドイツ文化村側からだと右折
シギラリゾート側からだと左折

宮古島 わいわいビーチ 入口
港側に入ってくると港の駐車場が広がっていますが、はやる気持ちをグッと抑えてくださいね。
そのままゆっくり徐行で30mほど坂を下って直進-


見逃しがちなので、左側をずっと見ててください!
入口から30mほど直進してくると、左側にわいわいビーチ専用の駐車場があります。


集合場所に到着です!!
もし、車を停めてスタッフの姿が見えない場合は080-8370-0759(現地スタッフ直通)までご連絡くださいね。

宮古島 わいわいビーチ 建物
駐車場の目の前には、船を模った建物が目の前にあるので集合場所の目印にするのも◎

集合場所で当店の現地スタッフと合流できたら、着替えや受付けなどツアーの準備の案内がありますので
あとはスタッフの案内にしたがって、ウミガメフォトツアーを楽しんでください(^^)/

小さいけど広い!宮古島

「宮古島、離島で小さい島でしょ?」
そんな先入観をもって、いざ来島してきて宮古島の広さに驚いた方は少なくないと思います。

宮古島 空撮

宮古島は車社会。
島に到着して、空港からホテルまでの移動こそバス、タクシーでもいいと思いますが、
宮古島旅行ではレンタカーでの移動がおススメ。

宮古島 レンタカー

市街地から有名どころの観光スポットに行くには意外と距離があるし、
バスは本数も少なく、移動範囲を制限されてしまう。
タクシーは近くにいればスグ来てくれますが、クルーズ船の周航と時間帯が重なると
なかなかつかまらない!ホントに( ;∀;)
ツアー予約した時間に間に合わないといったことにもなりかねません。。

ツアー参加当日のスケジュールには気をつけて

わいわいビーチへの宮古空港から移動時間は、車で約15分程度。
市街地からだと20分~30分ほどの移動距離になります。

池間島からだと車で1時間ほどかかるので、ウミガメフォトツアーへの参加を予定している場合には注意が必要です。
集合時間に間に合わなくて、せっかくのツアーに参加できずキャンセルせざるをえない---なんてことも。
さいあくの場合、ツアー参加できないだけじゃなくキャンセル料を100%お支払しなきゃなんないということにも・・・

午前中はウミガメフォトツアーに参加して、午後からゆっくり宮古島観光を楽しむのもおススメ◎
たっぷり宮古島の海を遊び尽くしたい人には、
パンプキンホールツアーと組み合わせたスペシャルプランもおススメです!

わいわいビーチの周辺情報

宮古島 シギラ
宮古島の南側エリアの海岸沿いは、サトウキビ畑が広がる景色の中に
観光施設のうえのドイツ文化村やシギラリゾートのホテル、飲食店などの施設がずらりと立ち並んでいて
沖縄の原風景の雰囲気ザワワ感から一転、近代的なリゾートの風景が広がっています。

ウミガメフォトツアー後には、わいわいビーチ周辺の観光スポットをゆっくり回ってみるのもいいですよ♪

2019/03/01

卒業旅行におススメ♪幸せを運ぶウミガメと泳ぐ!シュノーケリングツアー

南の楽園・宮古島のリゾートに来て何もせずにのんびりとドライブするのも良いけれど、せっかくなら宮古島らしいマリンアクティビティも楽しみたいですよね。
気軽に参加できるシュノーケリングにいつもの旅行に刺激を加える人気のツアー「ハートのウミガメと泳ぐウミガメフォトシュノーケリングツアー」をご紹介します!

ハートを身につけたウミガメを見つけられたら幸せになれるかも!?

宮古島は島全体がパワースポットともいわれていて、その中でもハートを身につけたウミガメと出会うと願いが叶うといった言い伝えもあるとか・・・

タイド宮古のメインフィールド「わいわいビーチ」ではウミガメに遭遇できる確率がほぼ100%!
そのなかで「♥」の模様が目印のウミガメに出会えたら幸せになれるかも!?

カップル、仲のいい友だち同士での女子旅など様々なシーンの旅が盛り上がること間違いナシなので、宮古島に旅行にいく前には要チェックです!

ウミガメ遭遇率100%継続中!タイド宮古のウミガメフォトツアー


ミヤコブルーと称される宮古島の海。
透き通った海水は海の深さや太陽の光、時間帯によってエメラルドグリーン、ターコイズブルー、ブルーサファイアとジュエリーのような美しいグラデーションを見せてくれます。

きめ細やかで真っ白な砂浜は、素足であるくと足元から包み込んでくれるサラサラのパウダーサンド。
そんな宮古島の海を目の前にして、マリンアクティビィを楽しまずにはいられませんよね!

タイド宮古のシュノーケリングツアーは、泳ぎが苦手な方や泳げない方、海遊びはじめての小さなお子様でも、足の付く浅瀬で事前に練習もできるし現地の海を知り尽くした専属ガイドが丁寧に説明しながらツアーを進めていくのでご安心ください。

また、ライフジャケットを着てツアーにはご参加いただけますし、万が一シュノーケルがうまくできなかった場合や泳ぐのに疲れてしまった時でも、ガイドが大きな浮き輪をもってツアーを案内してくれるので、その浮き輪に掴まりながらたまに水面に顔をだすウミガメを探してリゾート気分を楽しんでいただくこともできます。

すべてコミコミのセット価格でお得!


当店では、保険や駐車場料金、レンタル器材、水中カメラレンタル料金などすべてコミコミのツアー価格になっています。

※水中カメラのSDカードはご持参いただくか、ショップで用意しているSDカードをご購入していただく必要がございます。

ご持参いただくもの

・水着もしくはTシャツ+短パン(濡れてもイイ動きやすい服装でOK)
・バスタオル
・ビーチサンダル
・ツアー後の着替え

当日予約OK!シュノーケリングツアーは1日4便(※要予約!)

  • 1便目08:00 集合~10:30 解散
  • 2便目10:30 集合~13:00 解散
  • 3便目13:00 集合~15:30 解散
  • 4便目15:30 集合~18:00 解散
【注 意】
※開催・解散時間は目安となります。海洋状況で前後する場合がありますのでご了承ください。
※解散時間は、着替え等の時間は含まれておりません。

ウミガメシュノーケルフォトツアーの流れ

※海況によってはウミガメに出会えないことがあるので、予めご了承下さい。

01

①わいわいビーチ駐車場に集合

宮古島空港からは車で約20分。ペーパードライバーでも安心な広々駐車場完備(20台)。

02

②受付け・着替え

前もって水着かTシャツ+短パンに着替えて集合時間に遅れないように行きましょう。

03

③ツアー説明・レクチャー

マスク・シュノーケルの使い方、泳ぎ方のコツなど足の付く浅瀬で練習します。

04

④ウミガメポイントへご案内

その日・その時間にウミガメがいそうなポイントを現地スタッフがチョイス!(海遊び約30~40分)

05

⑤ベストショットをプレゼント

ウミガメだけじゃなく、カラフルなサンゴ礁や可愛い熱帯魚とのたくさんのお写真をお撮りしてすべてプレゼント

06

⑥ツアー終了・解散

SNS映え間違いナシ!友だちから羨ましがられる最高の思い出ができます!

宮古島人気No.1マリンアクティビティ・ウミガメシュノーケリングツアーの様子

【幸せになれるハート伝説】ハートのウミガメと泳ぐシュノーケリングツアーをチェック

わいわいビーチの海でウミガメに遭遇できる確率はほぼ100%。
そのなかで「♥」の模様が目印。
ハートを身につけたウミガメを見つけられたら幸せになれるかも!?


所要時間/約2時間

お一人さま¥5,800(税別)

集合場所/わいわいビーチ駐車場(宮古島市上野962)
アクセス/宮古空港から車で約20分
tel/098-958-2646
Open/月~日(年中無休)8:00 ~ 22:00

ツアーのご予約はこちら

ワンポイントアドバイス

「わいわいビーチ」は、宮古島南部にある博愛漁港に隣接するビーチ。
浅瀬にはウミガメが好む海藻が育っていて、餌場になっているんです。
防波堤内のビーチは、遠浅で波も穏やかなので海水浴するのにおススメのビーチですが、防波堤の外側でシュノーケリング&ダイビングするには潮の流れも変わりやすいのでポイントを熟知したガイドが開催するツアーに参加して遊ぶのがおススメですよ。

【わいわいビーチ】

ツアー概要

料金に含まれるもの 水中マスク(度付きレンズあり)・シュノーケル・フィン・ライフジャケット・ウェットスーツ(夏季は希望者のみ)・保険
準備するもの ・水着 ・サンダル ・バスタオル
・水着が苦手な方はTシャツ+ショートパンツでもOK
・日焼け対策グッズ(ウォータープルーフの日焼け止めクリームなど)
追加料金が発生するもの アクションカメラ…2,000円(税別)

※レンタルデジカメ用マイクロSDカードはご持参いただくか、現地にて受付時にお買い求めください。
※「美ら海協力金」として+500円のご協力をお願いしています。
参加基準 シュノーケルツアーは6歳以上、ご参加いただける年齢の上限は60歳までとなります。
未成年の方がご参加頂く場合は、親権者様の合意の署名が必要です。

【入れ墨・タトゥーのあるお客様へ】
集合時間から解散まで例外なく肌を露出しないようにご協力をお願いします。

健康状態 健康な状態でのご参加が前提となります。必ず「健康診断書」のページをご確認ください。
場合によってはご参加いただくにあたり石の診断で「ダイビング・シュノーケルをしても問題ありません」と書かれた診断書が必要となります。
妊娠中のお客様や、現在または過去を問わず何らかの疾患や薬の服用、生活習慣病をお持ちの場合はあらかじめ医師に相談の上予約の際にお申し出ください。
また体調に違和感などがある場合は診断書の提出をお願いする場合がございます。
飲酒はツアー前日よりお控えください。
予定変更 当日の海洋状況により、開始時間・プログラム内容の変更及び、中止と判断させて頂く場合がございます。予めご了承ください。
キャンセルについて
予約確定後にお客様の都合によりキャンセルされる場合、下記のキャンセル料を申し受けますのであらかじめご了承ください。
限られた席数でツアーを運営している為、予約が定員に達した時点で他のお客様からのご予約をお断りさせていただいております。
ご理解の程よろしくお願いいたします。

●2日前・・・無し
●ツアー前日(16時まで)・・・総額の50%
●ツアー前日(16時以降)から当日・・・総額の100%

※飛行機欠航、台風によるツアー中止の場合は発生しません
※キャンセルの場合は必ずご連絡をお願いいたします

2019/01/15

【2019年注目】冬の宮古島旅行が楽しくなる!ミヤコブルーの海でハートのウミガメと泳ぐ♡

宮古島旅行の人気マリンアクティビティといえば、ここ最近ではウミガメツアーが話題ですね。
女子旅、カップル旅、ファミリー旅で冬の宮古島旅が盛り上がること間違いナシの、宮古旅行がグッと楽しくなるタイド宮古の「ハートのウミガメに会いに行く!ウミガメフォトツアー」を紹介します♪
宮古島へ行くことが決まっている人、何も予定を決めていない人も要チェック!!

1月の宮古島、気候状況は?


宮古島にも冬はあります。一応、12月~2月の3ヶ月。
1月の宮古島の平均気温は18℃。最高気温が20℃、最低気温は16℃と、イメージとしては本州の秋に近い気候ですね。

昼と夜の気温差がほとんど無く、夜でも気温が下がらないのが本州の冬と大きく違う点ですね。
沖縄・宮古島は冬でも晴れた日には、日中の気温が20℃を超えて夏のような日差しを感じる日も。

水温は22℃~23℃で、気温よりも水温の方が高い日が多いんですよ。
タイド宮古では、冬ツアーの必須アイテムで5mmのウェットスーツとフードベストも準備してます。

それと1月の寒い日は海から上がった後の防寒対策が重要で、風を通しにくい防寒コートも用意してあるのでご安心を!
快適にシュノーケリング、ダイビングを楽しんでもらえるようにシュノーケル・フィン・ライフジャケットなどの他、ウェットスーツ、フードベスト、防寒コートなどツアーに必要なレンタル器材も無料レンタル(^^♪

冬の宮古島、海遊びできる?


もちろん海遊びできます!
宮古島の冬は本州の冬と違い、ブルブル凍える寒さはほとんどないです。

亜熱帯気候ならではの過ごしやすい気候だから、1月でもシュノーケリング、ダイビング、シーカヤックとマリンアクティビティで遊ぶことができる!

夏には多くの観光客が来島してダイビングやシュノーケリングを楽しむから、どうしても海底の中も砂が舞い上がったり、ダイバーの吐く気泡で視界が曇ったりする。。
でも、冬になると海の透明度がグンっと高くなって、海で遊ぶダイバーの数も減り、夏場よりもキレイなミヤコブルーの海を満喫できる◎

青の楽園・宮古島の定番マリンアクティビティ


宮古島といえば、透明度抜群な青い海!
宮古島旅行で絶対にやりたいことといえば、シュノーケリングじゃないですか?

そのシュノーケリングツアーの中でも、タイド宮古で人気NO.1のマリンアクティビティが、
遭遇率100%を続けている、ウミガメフォトシュノーケリングツアー。

南国リゾート宮古島の透明度抜群な海で、野生のウミガメと一緒に泳げるなんて絶対外せない最高の体験ですよね。

そのなかでハートマークを身につけたウミガメと出会えたなら、ロマンチックで素敵じゃないですか!?
2018年から、某有名旅行会社のオプショナルツアーではウミガメツアーが定番メニューになっていて、宮古島ではダントツの人気マリンアクティビティになっているんです。

マリンサポートタイド宮古のツアー情報

宮古島人気No.1マリンアクティビティでハートをGET!

「シュノーケリングならマスク、シュノーケルと足ひれ持ってけば自分でもいけるじゃん!」って経験者なら思いますよね。

でも、バシャンっと海に飛び込んでそう簡単にウミガメに出会えるかというと・・・
当然といえば当然で、ウミガメが生息しているエリアまでガイドしてもらわないとなかなか遭遇できないものなのです。

そのなかで「ハート♡」模様があるウミガメと出会う確率を上げるには、やっぱり現地スポットを知り尽くした海遊びのプロと一緒の方が手っ取り早い!

なによりも一番は、安全に海遊びを楽しむならプロのガイドが一緒の方が心強いし良いに決まってますよね。
特に小さなお子さまも一緒にツアー参加したいと考えているご家族には、絶対おススメです。

その日のベストショットをプレゼント♪

ツアー中の水中写真をガイドさんに撮影してもらうことも可能!

実際やってみるとわかりますが、水中での自撮りはバランスとるのも大変だし、ブレブレでキレイな写真を撮るにはハードルが高い!
ガイドさんにお願いして、ばっちりウミガメちゃんとのベストショットを撮ってもいましょう!

海へのエントリーは足の着く浅瀬から

エントリーから数分泳げば、ウミガメがいる絶好ポイントまでガイドスタッフが大きな浮き輪で引っ張って案内します。
この浮き輪に掴まっていれば小さなお子さまでも、体力に自信のない人でも楽チン☆
泳ぎ疲れたら休憩ポイントにもできちゃう。

知識と遊び心たっぷりの内容でツアーをご案内


ツアー中はウミガメだけじゃなく、カラフルなサンゴはもちろんのことクマノミなどかわいい熱帯魚がいるポイントにもご案内します。

パッと見、ウミガメを見てもどれも一緒に見えちゃいますよね?
でも、宮古島で生息しているウミガメは3種類いるとされてて、わいわいビーチで出会えるのは主に2種類。

甲羅のフチがのこぎり状にギサギザになっているのが「タイマイ」
頭の額板が縦長2枚で、ツルツルな甲羅なのが「アオウミガメ」

っといった個体の見分け方も含めて、知識と遊び心たっぷりの内容のツアーを個性派ガイドスタッフが案内します。
魚の種類をまったく分からなくても、シュノーケルツアーを楽しめること間違いナシ!


ウミガメが生息している絶好のポイントを熟知しているガイドが一緒といえども、相手は野生のウミガメ。

常に同じポイントに留まっているのではなく回遊している生き物なので、1度のツアーでは出会えないこともあります。
なので、ハートのウミガメと「遭遇できたらラッキー」ぐらいの気持ちでツアーには参加しましょう。

宮古島で願いが叶う!?幸せになれるハート伝説


パワースポットとしても知られている宮古島。
そんな宮古島では、ウミガメは幸せを運ぶ海の守り神と云われています。

エメラルドグリーンの海中に隠れている「ハート♡」模様を身につけたウミガメを見つけることができれば、恋が実ったり、一緒に見た人と結ばれたり、カップルならより愛が深まるかも!?

次の休みには、幸せな気分に浸れる「宮古島でハートのウミガメに会いに行くシュノーケリングツアー」に参加してみてるのはいかがでしょう。
絶景スポットを巡るドライブも良いけど、宮古ブルーの海でゆっくり遊んでいつもの旅プランにちょっぴり刺激を加えてみませんか?

冬の宮古島でハートのウミガメに会えるシュノーケリングツアー♪
南の楽園・宮古島の海をを思う存分満喫!

宮古島の海遊びなら“タイド宮古”におまかせ♪
ウミガメシュノーケリング、ダイビング、パンプキンホールツアーにナイトヒーリングシュノーケリング
宮古島で人気のマリンツアーを絶賛開催中!

新着記事

おススメ記事

PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ